プレミアムライダーキャンプのレポート MotoGP観戦

2019MotoGP観戦にてバイクで行って手ぶらでキャンプ泊が可能なプレミアムライダーキャンプを利用しましたので、今回はそのレポートをお届けしたいと思います。

詳しいプラン内容は下のリンクで確認ください。

2019MotoGP日本グランプリ観戦の宿泊はプレミアムライダーズキャンプに決めました! 10/18〜20
5年ぶりに日本グランプリの観戦に行くことになりました。 実はここ最近のレースはほとんどチェックしておらず。 ネットニュースで流れて来る勝敗を確認する程度でMotoGPファンとは言えたようなものではないのですが今年は久しぶりにレ...
スポンサーリンク

レンタル備品

テント

テントサイズは2.7m×2.7m 最大利用人数4名

テントに飾られたフラッグは取り外して持ち帰ることが出来るほかレースの応援にも使うこともできます。

テント以外のレンタル備品

・シュラフ(宿泊人数分、インナーシーツ付)
・ロールマット(宿泊人数分)
・ランタン(1つ) 個体差かはわかりませんがかなり暗かったです。

備品を並べてみた様子はこんなかんじです。

今回は大人2名で利用したのでテント内のスペースに余裕がありました。 大人3〜4名で利用する場合には寝床の分のスペースしかありませんので荷物の収納はロッカーを利用すると良いでしょう。

設備

ロッカー

無料のロッカーに荷物を収納することができます。

充電スペース

充電スペースはこんなかんじです。 100Vコンセントが使えますがココにスマホを置きっぱなしで場所を離れるのは少々心配なのでモバイルバッテリーを用意した方が良いと思いました。

パウダーエリア

充電スペースと同じ並びに女性専用のパウダーエリアがありました。

食堂

夜は窮屈なテントの中で過ごさずとも食堂が解放されているので食堂スペースを使うことができました。 モニターが置いてありその日の走行映像が流されてました。映像ををみながら利用者の方々が歓談しておりました。

トイレ

トイレはウォシュレット付きの水洗トイレが利用可能です。

シャワールーム

写真はありませんが作りとしては公衆トイレなどのトイレブースの間仕切り(壁)で個々に仕切られたシャワールームになっておりました。 24時間利用可能で混雑はなく、いつでもすぐに利用可能でした。 リンスインシャンプーとボディソープとドライヤーの利用が可能です。 タオルや歯ブラシ等の提供は無いのでお忘れなく。

食事

朝食のお弁当

朝食のお弁当はこんな感じでした。 別途料金はかかりません。 利用者1名につき1日1個、最大で金土日月の4個もらえるお弁当です。

別料金、要事前予約で提供される夕食セット(各1,500円)はこんな感じでした。

公式サイトの写真は少々盛り気味でしたが味は悪くはなかったですイベント場内で食べる食事よりもこちらの方がヘルシーだし落ち着いて食べることができるので良いと思います。

季節の食材を使った和食セット

ご当地麺類セット

駐輪場

駐輪場の様子 写真は月曜日の様子です。 決勝日にはもっとたくさんのバイクが停まっていました。

プレミアムライダーキャンプ宿泊特典

観戦席・イベント会場に一番近い

ここはやはりメリットだと思いました。 ループバスの乗り場も近いので移動が楽です。 決勝終了後も徒歩でテントまですぐに帰ることができます。

ライダーキャンプ限定サイングッズ抽選会

ハズしました。 何があったかも覚えていません。笑

18日(金)パドックツアー

ポディウムへ上がって記念写真。 決勝後はマルケス、クアルタラロ、ドヴィチオーゾここへ!

中で何か作業されている気配はあるもののほとんどのチームがシャッターを閉じていてバイクを見たりするようなことはほぼできませんでした。

記者会見会場(反省する二人)

19日(土)ナイトクルーズ

こちらは動画にしました。 けっこう楽しめましたよ。 タンデムで参加されている方もいらっしゃいました。

ツインリンクもてぎナイトクルーズ

最後に感想

宿泊代金は1サイト66,000円ということで、ちょっとお代はかかりますが観戦席・イベント会場に近く、水洗トイレやシャワーがいつでも使うことができるのはストレス少なく過ごすことができます。 なかには小さなお子様連れでご利用されている方もいるようでした。 火を使ったキャンプっぽい遊びをする事はできませんが便利な点が多いですし特典等に価値を見出せる方にはお勧めできるプランだと思いました。

 

 

スポンサーリンク
バイク
スポンサーリンク
tomnakをフォローする
tomnakブログ

コメント