コミネの直接給電タイプ電熱ウェア

コミネの車両給電タイプ電熱ウェア(ジャケット、グローブ、パンツ)のレビューです。

スポンサーリンク

ガンガン使える車両給電タイプの電熱ウェア

私が購入したのは車体から電源を取り出す車両給電タイプなので充電式と違い長時間のツーリングの際も電池切れを気にせずにガンガン使えるのがポイントです。

コミネ EK-106

パッケージにケーブル付属セットと書いてあります。

ジャケット、グローブ、パンツのそれぞれに電源取り出し用ハーネスが付属しています。

車両を複数所有している人には嬉しい反面そうでない人にはハーネスが余ってしまうので無駄になってしまいますね。 余分はメルカリ行きですかね。

サイズについてはチャート表で見た通りに選びましたがそれで大丈夫でした。

コミネ EK-202

電熱ウェアの利点と効果

結論から言うと電熱ウェアはとても良いものだと思います。

ただ温めるだけならば携帯カイロで十分だと思いますが電熱ウェアの利点は温度調整が可能な所にあります。 電源のオンオフと出力調整をすることができるのが良いところです。

私の感覚では外気温が5度程度よりも上までならアウターに着るウェアも軽めの楽なものでもホカホカと暖かく寒さを感じる事は少ないと思いますが、それよりも下の気温になってくると、しっかりとした保温層をもったアウターが必要になってくると思いました。 せっかくの電熱ウェアなので着込まずに軽めの装備で楽に乗車したいところなのですが、ウェアのすべての部分に発熱層が設置されていないので断熱がしっかりとされていないアウターとの組み合わせで使用する場合には、発熱層の設置されている部分は加熱されても発熱層の設置のない部分は冷えてしまい、体が冷えて寒いと感じてしまいました。 なるべく着込まずに楽に乗りたいところですが、なかなかそうはいかないということがわかりました。

実際の装着感はどんな感じなの?

エレクトリックインナージャケット EK-106

ジャージのような伸縮性のある素材(ポリエステル)でできています。 また背中側の腕の付け根にはさらに伸縮性のある素材(ナイロン)がつかわれているので乗車時のハンドルに腕を伸ばした際の動きやすさが確保されています。

装着感についてはインナージャケットというふうな名称ですが、がっしりとしたジャージのような作りになっています。

インナージャケット自体も風が通りにくい作りになっていますが、あくまでインナージャケットなのでこの上にアウタージャケットを着ることとなります。

普段着用しているレザージャケットの下にこの電熱インナーを着用してみたのですがやはり窮屈になってしまうのとハイネックになっている襟の部分が非常に邪魔になるということがわかりました。 外気の侵入を防ぐためのハイネック形状なのだと思うのですが、フェイスマスクやネックウォーマーを同時に使用する場合には首の動きに大きな抵抗となりライディングに支障をきたします。 首元に余裕があるアウター選びをする必要がある事がわかりました。 これはマイナスポイントです。

そでの部分は半手袋のような形状(リストゲーター)で隙間なくピッタリとフィットするようになっているので外気の侵入をしっかりと防いでくれます。 これは良いポイントです。

↑の写真の丁度見切れている部分にグローブへの給電ケーブルが格納してあります。

プロテクト エレクトリックグローブ ショート 12V

グローブの外見はよくあるウィンターグローブといった感じの外見です。 車両給電タイプなので脱着の際にはケーブルの脱着もしなければいけません。 この一手間が非常にめんど臭いです。 一人の時は良いのですがマスツーリングの際にはワンテンポ遅れをとってしまいます。

装着感はウィンターグローブそのものなのでモコモコしておりスイッチ等の操作し難いです。

エレクトリックインナーパンツ EK-103

インナーパンツはジャージのような装着感で前側が厚手の生地(ポリエステル)で後ろ側が薄手の生地(ナイロン)製となっています。 この上にアウターパンツを履くことになりますがその際の装着感については特に気になる事はありませんでした。 ただ股間に付いているファスナーは開口できる長さがとても少ないのでトイレの際には使うことのできない謎な構造となっているのが少し残念なポイントだと思いました。

いまいち使いづらいと思うポイントも少なくはないですが、電熱ウェアは一度使うと手放せなくなりますね。

 

コメント

  1. tomo より:

    いつも参考にさせて頂いてます!
    質問ですが、私もパニガーレv4sに乗ってるのですが、車両給電タイプはバッテリー上がったりしませんか?ディーラーからバッテリーが上がりますよって…

    • tomnak より:

      コメントありがとうございます。
      実際に電熱ウェアをパニガーレV4S使ってみての結論から言うと自分の車両では電熱ウェアでバッテリー上がりしたことはないです。

      ただ電熱ウェアも出力を高くして使うと消費電力が大きくなりますしエンジンをかけてからスイッチを入れる等の注意が必要ですね。
       
      PANIGALEV4車両のジェネレーターの出力は14.5V 440Wとありますので余裕があるのではと思います。
       
      コミネのグローブ、ジャケット、パンツ合計の最大消費電力は14.5Vで計算しても約140Wです。
       
      私の場合はグローブmid、ジャケットlow、パンツlowの出力で使うことがほとんどでした。