GoPro HERO8 Black チンマウントでGoPro HERO7 Blackと比較してみた!

【ブースト鬼補正】7とアゴマウントで比較してみた!GoPro HERO8 Black【4K】

GoPro HERO8 BlackとGoPro HERO7 Blackを並べてチンマウントしたモトブログ比較動画を作りました。

7、8共に設定は 1080p 60fps SuperView HyperSmooth としております。

2160p(4K)の中によく使う1080p(フルHD)を3画面(GoPro HERO8 Black, GoPro HERO7 Black, SENA 10cPro)を並べて比較しています。

色味が8の方が若干見栄えしますが、それほど大きな差は出ませんでした。 百聞は一見にしかずと言いますのでぜひ動画で確認してみてください。

スポンサーリンク

唯一よく分かる差が出たポイントは新機能のブースト時

SuperViewでは大きな差は出ませんでしたが、広角以下の画角設定の時に使用することができるHERO8Blackの【ブースト】オン時のブレ補正は超強力なものでした。 GoPro HERO7 Blackの時でもジンバル並みと言われる程の補正でしたが、GoPro HERO8 Blackでは更に強力なブレ補正を実現しています。

下リンクはブーストモードの設定時から動画がはじまります。

【ブースト鬼補正】7とアゴマウントで比較してみた!GoPro HERO8 Black【4K】

普通のバイク走行動画ではここまでのブレ補正【ブースト】は必要ないと思います。

モトブログに使う場合は7?8?どちらの方が適しているか?

外部マイク入力しての運用ならばGoPro HERO7 Blackの方がおすすめ

その理由

  1. HyperSmoothとHyperSmooth2.0のブレ補正の比較ではヘルメットマウント時にはほとんど差が出ない結果となりました。 GoPro HERO7 BlackのHyperSmoothでも十分安定した滑らかな同等の映像となりました。
  2. GoPro HERO8 Blackはバッテリー、SDカード、USB-C端子が同じ場所に収まるため今までの純正マイクアダプターを使い音声を外部入力しようとするとサイドのフタを取り外し全開(バッテリー、SDスロット丸見え)にて使用しなければならない。 12月に発売予定のメディアモジュラーという指向性マイクと3,5mmマイク端子を備えた純正ケースがこの問題を解決するがGoPro HERO8 Blackのケース無しでスマートに運用できるメリットを打ち消しているので、やはりGoPro HERO7 Blackで十分。
  3. レンズ交換が可能。 8は不可。 オフロードなどで使う場合などはレンズ交換のできるこちらの方が無難。
  4. 値段が安くなった! 40000円! モトブログ用途であれば性能に大きな差はないのでここは大きい。

HERO7BLACKを加工してこんなもの作りました!

剥きプロ(GoPro)を二輪ヘルメット(X-14)に内蔵する
バイクに乗ってアクションカメラ(GoPro)で走行動画を撮影するようになってから、顎マウントやネックマウントを試してみましたが以下の点に不満を感じていました。GoPro顎マウントのデメリットGoProネックマウントのデメリット顎の先端に約2

音声別撮りモトブログやそれ以外の運用が多い方ならばGoPro HERO8 Blackがおすすめ

その理由

  1. ケース無しで運用できるのでバッテリーやSDカードの交換が楽です。
  2. 画質が若干向上している。
  3. 起動時等の処理速度の向上。 結構速くなっています。 ※手持ち等で撮影をして電源オンオフや設定変更を頻繁に行う場合はこのメリットは大きいと思います。

ただレンズ交換が非対応となったことには注意した方が良さそうです。レンズに傷をつける前に保護フィルムを貼っておいた方が良いと思われます。

HERO8Blackでモトブログをやるならコレ!

今回作ったイカツイGoProマウント

比較動画を作るためにGoPro2個を並べてチンマウントを出来るようにアルミアングルと手持ちのマウントを加工してマウントベースを製作しました。

ピンクのストラップはGoProの万が一の落下の際の命綱です。

370グラムのチンマウントはメチャクチャ重かったです。

コメント