SENA 10C PRO カメラ搭載インターコム

SENA 10C PROの紹介です。

スポンサーリンク

外観

パッケージから

10C PRO 本体 (□=1㎝)

上部 真ん中にある長方形のボタンがカメラボタンです。

タップすると写真撮影、長押しすると録画の開始、停止をします。

 

底部です。

 

ゴムの蓋を開くと、左からマイクロSDカードスロット、マイクロUSB差込口がならんでいます。 一番右の差込口はスピーカーとマイク用の接続口です。

 

裏面

 

20Sとの外観の比較

 

正規バージョンなので日本語マニュアルがついています。

マウントベースはスライドしてはめ込む方式です。 本体をロックする機構はありませんがケーブルには抜けどめのロックがついているので、落とす心配はしなくても良さそうです。 手掛かりのある輪っかの部分を緩めるとカメラの角度の調整ができます。

 

説明書に従いヘルメットに取付しました。

MicroSDカード

容量は最大で64GB(以内)までで Class10以上のものが指定されています。

Sena Camera App

インストールとWIFI接続

次は本製品の売りでもあるスマホとWIFI接続するためのアプリのセットアップを行います。 カメラ機能の設定変更等はカメラアプリから行います。

まずアプリをスマホにダウンロード。

アプリの画面です。 アプリ画面の指示通りに操作していきます。

※このときWIFI接続をするスマホと10C PROのBluetooth接続は解除しておくようにします。私はここでハマりました。マニュアルに載っていない内容です。

ここまではすんなりと進みました。 次でハマります。

 

いくら画面の指示通りに操作しても接続されません。

先にペアリングしてしまった。スマホのBluetoothをオフにしたら接続する事ができました(ここに辿り着くまでにはかなりの時間が…)

 

WIFI接続された後に下の注意文が表示されます(もっと早くに教えてよ…)

接続後のアプリ画面

WIFI接続されるとこの画面の表示になります。

ライブプレビュー画面

設定画面

 

 

Sena 10C PROの機能・仕様

機能・仕様

仕様
一般仕様 連続使用時間:17時間  *1
録画時間:2時間  *2
通話距離(インターコム):最長 1600m(見通しの良いところ) *3
動作気温:-10℃〜55℃
サイズ
・メインモジュール:105 x 60 x 31(mm)
・スピーカー:直径36mm x 厚み6.5mm
・ブームマイク:長さ190.0mm
・ケーブルマイク:長さ555mm
重量:90g
Wi-Fi 802.11 g/n
Bluetooth Bluetooth Profiles
・Headset Profile (HSP)
・Hands-Free Profile (HFP)
・Advanced Audio Distribution Profile (A2DP)
・Audio Video Remote Control Profile (AVRCP)
オーディオ オーディオSBC コーデック対応
・ノイズキャンセル機能
FMラジオ
・ラジオ帯域:76~108MHz
・10局プリセット登録
光学 視野(135度)
絞り値 f/2.0
ビデオモード 解像度
1440p 30fps
・1080p 60fps
・1080p 30fps
静止画モード 解像度3.7MP(16:9)
タイムラプスモード 10秒に1枚の静止画
外部メモリ Micro SD,メモリカード(最大 64GB)
バッテリー リチウムポリマーバッテリー
約3.5時間で満充電
認証 TELEC

(注意事項)
*1,2,3 この数値はお使いの環境により異なります。

Sena 10C PRO を1年使ってみての感想

インターコム機能は特に問題なく良好ですので省略します。

良い点

  • インカム通話音声と動画が一緒に収録できる。
  • インカム+カメラでシンプルにスッキリとヘルメットへ設置できる。
  • ノイズキャンセルが良いので収録した音声が聞き取りやすい。
  • モバイルバッテリーで給電しながら使う事で長時間の撮影が可能。

悪い点

  • 画質が悪い。
  • ブレ補正がないので収録した動画はとても見辛いものになってしまう。
  • ノイズキャンセルが優秀なためヘルメットの外の音を収録できない。
  • 動画撮影時は内臓バッテリーの持ちが悪い。
  • バッテリーが内蔵式なので他のアクションカムのように予備のバッテリーに入れ替える事ができない。
  • スマホ専用アプリは使いづらく接続は不安定。

どのような人にオススメできるか

高画質な動画や映像にはこだわりがなく自分の声インカム通話音声の収録を重視する方にはオススメです。 ドラレコ的な使い方には向いていると思いますが綺麗な景色やこだわりの映像を残す用途のアクションカメラとしては期待をしない方が良いです。

単体で使うにはモトブログ などYOUTUBE投稿には向いていない

10C Proを使って何本か動画を作りましたが、ブレの激しい動画は好まれないという事がわかりました。 走行中の頭部(ヘルメット)は運転者が思っている以上によく動くようで10C Pro撮影の動画では「酔いそう」などのコメントいただいております。 確かに自分でみても心地良いものではありませし画質に関しても良いとは言えません。 モトブログ 用途に使うのならばSONY AS300(マイク入力端子付き)やGo Pro Hero7 Black(マイク入力は要アダプター)の方がはるかに良いです。

下は10C Proで撮影した動画です。 自分で作っておいて言うのもなんですが…とても見辛いです。

オトナ様用三輪車 can-am ryker 素人一般人(私)の試乗です

最近こんなもの作ってみました。

剥きプロ(GoPro)を二輪ヘルメット(X-14)に内蔵する
バイクに乗ってアクションカメラ(GoPro)で走行動画を撮影するようになってから、顎マウントやネックマウントを試してみましたが以下の点に不満を感じていました。GoPro顎マウントのデメリットGoProネックマウントのデメリット顎の先端に約2

私の運用方法

上記の理由から現在はメインの映像はGo Pro Hero7 Blackで収録し動画編集にてSENA10C PROで撮影した動画から音声を取り込んでいます。 SENA10C PROの撮影モードは1080p30fpsに設定しモバイルバッテリーで常時給電して撮りっぱなしにしています。

Sena 10C PRO を使って動画を作ってみました

袖ヶ浦フォレストレースウェイで撮影してきた動画 190330

ライパ袖ケ浦 SENA10CPROで撮影してきた PANIGALE V4

2019 3/30 ライパ 袖ケ浦 黄色クラス

サーキット走行動画です。
SENA 10C PRO で撮影してみました。
そのままの映像です。スタビライズはしておりません。

子画面はQRacingAppから作成したものです。

山中湖〜道志で撮影してきた動画 190420

【モトブログ】GoPro HERO7 Black で遊ぶ帰路 ハプニングあり笑 190420忍野八海ツーリング #2 山中湖〜道志

この動画ではスタビライズはしていません。

リアビューはGoPro HERO7 Blackで撮影しています。https://wp.me/paam9Z-LV

動画のブレ補正、スタビライズという方法

PREMIERE PROを使って補正をかけた際の様子を動画にしました。

この動画のようにブレブレの動画にソフトウェアスタビライザーで補正をかける事が可能ですがPCへの負荷も高いようで毎回コレをやるのは大変だと思いました。 オススメの方法ではありません。

※この動画では減速帯の走行時のモノなのでブレが激しいですが綺麗な路面の走行時はここまではブレません。

SENA 10C PROで撮った動画のブレ補正 ※説明欄をご覧ください

下にアドビの解説のリンクを貼っておきます。

Premiere Proでの手ぶれ補正
Premiere Proのワープスタビライザーエフェクトを使用して、手ぶれを補正する方法について説明します。
Premiere Pro での手ぶれビデオの補正方法
カメラの動きによって生じる変位を除去することで、手持ち撮影によるぶれのあるショットをぶれのないスムーズなショットにトランスフォームする方法を学習します。

 

フリーソフトの検索リンクも貼っておきます。

ソフトウェアスタビライザー フリー - Google 検索
GoPro HERO7 Black
じつは以前使っていたアクションカム SONY AZ1を浜松のオレンジラインにてロストしてきたためアクションカムを新調しました。 今回は迷うことなくGoPro HERO7 Blackを購入しました。 いやぁー!すっかり気に入ってし...

SENA10C PRO と GoPro HERO7 & HERO8 Blackの比較

SENA10C PRO と GoPro HERO7 Blackの比較動画とネックマウント
この動画ではPANIGALE V4 で筑波サーキットの裏側の農道(未舗装)を走行した際の動画にSENA10C PRO と GoPro HERO7 Blackの映像比較を盛り込みました。出口が分からずちょっとした迷子になっている様子の動画です
GoPro HERO8 Black チンマウントでGoPro HERO7 Blackと比較してみた!
GoPro HERO8 BlackとGoPro HERO7 Blackを並べてチンマウントしたモトブログ比較動画を作りました。7、8共に設定は 1080p 60fps SuperView HyperSmooth としております。2160p(
【ブースト鬼補正】7とアゴマウントで比較してみた!GoPro HERO8 Black【4K】

コメント