Insta360 ONE X2

今までは GARMIN VIRB360 という360°カメラを使用しておりましたが Insta360 ONE X2 に乗り替える事にしました。

GARMIN VIRB360 にはジャイロセンサーと編集アプリに不満があり、アプリが進化してくれるのを期待していたのですが進化しなかった…。 色味や画質もInsta360 ONE X2の方が良さそうでアプリの操作性も良く本体価格もお手頃という事でInsta360 ONE X2に乗り換えです。

スポンサーリンク

Insta360 ONE X2 クリエイターキットの開封

クリエイターキットというセット品のものを購入してみました。

開封

商品は楽天公式ショップから購入しました。 FedExで深圳から直接に届きました。

緩衝材等が入っていないのが印象的でした。

 

クリエイターキットの内容物一式です。

Insta360 ONE X2本体同梱物は:Instal360 ONE X2× 1、バッテリー× 1、充電ケーブル× 1、保護ポーチ× 1、レンズクロス× 1

  • Insta360 ONE X2本体
  • 見えない自撮り棒
  • バレットタイム三脚ハンドル
  • レンズ保護フィルター
  • レンズキャップ
  • 32GBメモリーカード

右は本体付属の保護ポーチ

レンズ保護のため早速レンズ保護フィルターを装着しました。
サイズ

見にくいですがカッティングボードに1センチ角のマス目がついています。 参考にどうぞ。

取り敢えず日本語に設定する。

最初は英語の設定になっています。 日本語に設定するまでの操作を動画にしてみました

Insta360 ONE X2の正面

バレットタイム三脚ハンドルを開いたところ

Insta360 ONE X2の背面
バレットタイム三脚ハンドルに見えない自撮り棒をセットしたところです。

見えない自撮り棒は28センチから94センチにまで伸びます。

試しに最大まで伸ばした状態で振り回してみました。 軸は滑らかに回りますが重量が偏っているため回転させるのが結構大変でした。 反対側にもウェイトを付けてやりたいぐらいです。

ライト版クリエイターキットでよかったかも

今回はバレットタイムやってみたいかもと思いクリエイターキットというセット品を購入しましたが、バレットタイム三脚ハンドルはセットするのも億劫だし自分には必要なかったかな〜と思いました。 ですのでバレットタイムコードの付属したライト版クリエイターキットを購入しておけばよかったと思いました。

アプリのインストール

取り敢えずiPhoneとiPadにInsta360アプリをインストールしてみました。

アプリ初回起動時に利用規約(英文)プライバシーポリシー(英文)への同意する必要がありました。 同意がない場合はアプリの利用できない仕様となっております。 利用規約プライバシーポリシーの文章が日本語で用意のされていない事に不安を覚えます。

こちらはカメラの購入前に目を通しておいた方が良い情報だと思いましたので下にリンクを貼っておきます。

利用規約へのリンク Google翻訳

プライバシーポリシーへのリンク Google翻訳

 

 

Insta360 カメラコントロールアプリ(ONE R & ONE X2/X)

iOS、Android

Insta360 STUDIO 2020 360度編集ソフトウェア

macOS、windows

早速バイクにマウントして撮影

下の写真のようにマウントして動画撮影してみました。

ステアリングダンパーの上にカメラマウントしました。
自撮りも綺麗です。 スティッチングも継ぎ目が目立たず良い感じです。

晴天と曇天で撮影した動画

やはり360°カメラはGoPro等の高画質なアクションカメラに比べると画質やコマ数では見劣りしてしまいますが小さなカメラ一個で360°全方向をカバーできるのは良いですね。

パソコン用Insta360 STUDIOの編集アプリで簡単に編集した1080pの短い動画をYouTube用に4Kでエンコードしました。ベースは1080pの動画ですが4Kで再生していただくと元の動画に近い画質で綺麗に見ることができます。

編集アプリもパソコン、プレミアプロ、iPad、iPhoneアプリと一通り試しに触ってみましたが、どれも以前使っていたVIRBのアプリに比べるとアングル編集の操作性がよかったです。

晴天で撮影 Insta360 ONE X2 バイク走行 【画質確認用】
曇り空で撮影 Insta360 ONE X2 バイク走行【画質確認用】

下の静止画はアップロード前の動画のスクリーンショットをサイズダウンしたものです。

アングル編集の練習に作った動画

こちらはマイクロドローンで撮影したような映像を目指し見えない自撮り棒を使い撮影した動画です。 フロントフォークの間を縫ってホイールスポークの狭い隙間に侵入するイメージで撮影しました。 実際にやってみてわかりましたが、被写体に接近しての撮影はいくら360°カメラとはいえ映像にブレが出やすいのでカメラワークの慎重さが必要でした。

練習に作った動画ではiPadでInsta360アプリを使いカメラワークの雑なところを倍速とモーションブラーで誤魔化して作成したものをパソコンに移し、さらに他の編集ソフトを使ってエフェクトをかけて作成してみました。

【KTM 890 DUKE R】Insta360 ONE X2で撮影した動画

 

スポンサーリンク
カメラ
スポンサーリンク
tomnakをフォローする
tomnakブログ

コメント